6.19.2018

あおもり1

大阪で大きな地震があったその時刻、ちょうど青森の恐山に向かっていました。。
兄の単身赴任先が青森になったので、挨拶がてら観光へ。昔から行ってみたかった恐山。「あの世とこの世をつなぐ場所…」というフレーズが幼少時から気になっていました。
おそらく硫酸を含んだ水蒸気の煙が白くあちこちに立ちあがり硫黄臭が鼻とのどをつく中、骨が積み重なったようながれきの山々を越えて行くと青く澄みきった湖が!… 美しかったです。
私が感じた印象のまま写真におさめられないのが非常に残念…(^^;;

大阪での今回の地震は大変な事態となってしまいました…。これ以上の地震がなく被害が拡がらないことを心より祈っております。。

by tomoko

6.17.2018

トウキョウ2018.6

恒例の東京〜埼玉。

今回は色んな人とずいぶんスピリチュアルな話をしたっけ…面白かったなぁ(^-^)
理屈じゃなくて直感で生きてます。
見えない世界は否定も肯定もできないから、肯定したほうが世界観が拡がって楽しいので私はそのつもり。信じて下さいなんて強要は一切しません。
しかし近年、スピリチュアルな話を普通に出来る人がずいぶん増えてきました☆

by tomoko

6.13.2018

嬉しいこと

最近とてもうれしいことがありました!!
家の裏の排水溝に!なんと!マシジミが!!生息してるのを発見しました!!!
こんなところに!なんで?すごい!わーい。
生活排水じゃないところですよ、念のため。

あぁ〜なんかうれしいな…(´∀`; )
健気に生息してる小さい生物が好きです。
自分もがんばろうとか思っちゃう(笑)
マシジミは汽水域じゃなくても生息できるんだよね。

オホーツク海沿岸の町に住んでいたとき、体長6〜7cmほどのタニシやニホンザリガニを見つけたり、オホーツク海でシュノーケリングしてた時に両手のひらで持つほどの大きなアメフラシに遭遇したり。大阪の羽曳野に住んでいたとき体長5cmほどのカブトエビを見つけたり…他にもいっぱい感動はあるけど、同じくらいうれしい(´ω`)
この感動を共有できる人はあまり居ないんだけどね…(笑)

by tomoko

6.09.2018

出張

2日連続神戸方面へ出張です。
出張というか移動好きの元遊牧民?現在旅人?です。

昨日は鍼灸治療(世の中ゴマンと治療家がいるのに、何故か御指名を受けて月2回ペースで六甲へ通ってます)。
今日は夙川でヨーガです。これまたあちこちにヨーガ教室があるのに何故か…お越しいただく方みんな友人ということで(*^o^*)
ありがたいことです。
どちらも一生続けるので頑張りすぎず、マイペースです。(マイペースすぎて出張やら多くてごめんなさい…)
版画も細々ですが一生続けます…こちらは人間国宝目指してます←うそ(笑)
写真は自宅の窓から。

by tomoko

※お知らせ
6/14〜19は東京・青森出張、
6/27〜7/7はアイルランド出張のためそれぞれ全ての柏原クラスはケンさん講師となります。ご了承ください。勝手ばかりですみませんm(_ _)m

お蚕さま

虫嫌いな方、お蚕さまアップ写真すみません(桑の実を食べるお蚕さま)もっとリアルいいショットがあったんだけど、これでも一応遠慮して掲載遠慮しました(^^;;

養蚕家の友人のお仕事がピークです。
お蚕達はみんなすくすく順調に大きくなって、もうすぐ繭を作ります。
順調に繭を作ったあとは…………残念ながら……(ToT)お蚕さまは、人間が絹をとるために品種改良されているので成虫になっても飛ぶこともできず餌をとることもできません。なので、みんなお役目を果たしたらよりよい次の生を全うできますように。

虫もニンゲンも植物も全ての生き物、山や川や海などの自然物も全てエネルギー。

by tomoko

6.06.2018

酵素風呂

雨とか梅雨とかきらいではないのです。
乾燥しやすい体質なので潤うし、苔やシダが好きだし、山や植物が生き生きしてキレイだし、集中しやすくなるし呼吸もしやすい…etc.
でも。もちろんデメリットも感じていて、一番はカビや雑菌が増えて衛生状態が悪くなることかな。苔が潤うとかってそういうことでもあった(笑)
そういえばインドで雨季の終わりに雑菌によって痛い目にあった経験も。。

それはさておき。丹波市内のなかでもさらにブランド化(?)されている笛路村(丹波市山南町の集落の一部)の、竹岡農園さんのスペシャル酵素風呂に入ってきました!
発酵している香ばしいヌカの中にパンイチで埋まるのですがフッカフカ!なんとも言えない酵素のエネルギーが身体に浸透します。発酵の地熱が心地よくて汗だく、あがっても一日中ほかほか、お肌つるつるです。
ここの酵素風呂のヌカはもともと兵庫県三木市にある「ぬか天国」という本気・大規模・元祖ぬか風呂さんから了承を得て仕入れたのだそう。過去にその本家ぬか天国も行きましたが、それはそれは目からウロコの体験で感激しました。

みなさま機会あれば是非一度体験してみてください、酵素風呂(ぬか風呂)☆☆

by tomoko

竹岡農園:http://www.takeokafarm.com
ぬか天国:http://site.m3rd.jp/nukaburo-zendamakin/index.php?vmode=pc

6.04.2018

友人の来丹

神奈川から友人が遊びに来てくれました♪
うちに泊まればいいのに…二泊も近所のビジネスホテルに泊まってウチまで通ってくれました。ウチにはプライベートスペースがないからかと(^^;;
到着した直後から陶芸作家の友人宅でピザパーティーと陶芸体験。漢方薬草湯へ行って、地ビール飲み比べ、ヨーガに鍼灸、ホタルの夕べ、町内観光、鹿肉、いろいろ連れ回しましたが楽しんでいただきました。明日は酒蔵、パン屋さんとカフェ。

by tomoko

5.31.2018

やりたい事の端っこ

またやっちゃった。
忙しい時に限って、やりたい事の端っこをしてしまう悪いクセ(^^;;
突如クリームチーズケーキが作りたくなって、クリームチーズを買いに行った私…。数日前に作ったグラハムスコーンをつぶして台にして、思いつきの分量で作りました。ほんのりしか甘さがないので、結構ワインに合うのよね〜とか思いながら晩酌までしてしまった。。反省。
でも思いのほか美味しかったなぁ…などと、反省してない(笑)

by tomoko

5.29.2018

ウィスキー大阪フェス



次の日曜に、ウィスキーの大阪フェスが開催されます。
オリジナルボトルのラベルを作らせていただきました。
稀少なシングルモルトの瓶詰めなのでいいお値段ですが、味は格別の様子。

日曜なので残念ながら私は行けませんが、、毎年大盛況で年々来場者数が増えているみたいです。
世界的にもウィスキーブームだもんね。
それにしても、毎回のフェスで具合悪くなる人が出ないのは、来る方は節度を持って試飲しているからですね。素晴らしい〜(^O^)
by tomoko

http://whiskyfestival.jp/osaka2018/

5.23.2018

例外

今月は例外的に再び関東へ…。
先週はLCCで関空ー成田2870円。安いけど時間を選べないので不便です。
それこそ今回は時間の都合で大阪から夜行列車。金額は新幹線とさほど変わりません(一番安い寝台の場合。個室になると新幹線より高いよ)。

そうそう!満足してるけどもう少し竹の子食べたかったな〜というニュアンスのことを一昨日のブログに書いたのですが、昨日いただきました〜引き寄せ(笑)
ハチク竹という細身の竹の子で、アク抜きしなくても使えて便利。いまが旬。

そういえば、インドで食べたジャックフルーツが竹の子そっくりの食感で美味しかったなぁ。カレーに合います。
あと、秋に出回るマコモタケというイネ科の植物も竹の子を彷彿とさせる繊維感で、竹の子ごはん風やメンマ風にして調理したらとても美味しかったよ。

写真は関係ないけど車窓からみる丹波と、日高さんのブレッツェル。ハチク竹の写真は撮り忘れ(^^;;

by tomoko

5.21.2018

山菜

今年の竹の子は一瞬で終わってしまった感じがありますが(瞑想修行でしばらくいなかったせいもあるので)、それでも竹の子ごはん、煮物、天ぷら、中華炒め、木の芽あえ、タイカレーなどいろんな料理で楽しみ、最後は春巻で締めました〜満足。朝6時から揚げ物作るワタシ…(笑)
ワラビもお浸し、山菜おこわ、煮物など、季節感を楽しみました。
そしてもう初夏!
もうすぐあちこちの家庭から醤油の甘い香りや山椒の香りがしてくる季節。この辺(兵庫)ではいかなごのくぎ煮を作る家庭が多いみたい。地域による季節の味があるから楽しいね(*^o^*)


今日は六甲へ…一応仕事…ていうか真面目にシゴトです。

by tomoko

5.18.2018

2018.5トウキョウ

いつものように、今月も実家に来ています。
いちご狩りに行ってきました!!
といっても、、ウチのおかんが借りてる市営農園です。今年はいちごが豊作で、採りきれないほど実ってました。
この畑は私が10歳の時から借りていて、細々と母が続けています。母はあんまりマメじゃないし、野菜作りが上手とは言えませんが、継続は力なり…私はここの野菜で育ちました。
ほんのわずかな借りてる土地ながら、子供のころ植物をスケッチしたり、収穫を手伝ったりと、楽しい経験を沢山しました。田舎志向はここスタートかも。

初夏のような気候で汗を流しながら収穫して、どんぶりいっぱいの苺食べました。お腹いっぱい。しあわせ。

今年は苺が高すぎて一度しか食べなかったのですが、これで大満足。来年も期待したいな。

by tomoko

5.11.2018

シェアオフィス

丹波市内某所のシェアオフィスでよく仕事をします。

ghostwriter





5.10.2018

しごと三昧

今年のGWは、5/3のパーティ以外はずーっと仕事してました。ヨーガと版画と鍼灸。。特に版画メインで、やっといくつか納品できました!エライぞ、自分!(と、誰も褒めてくれないので自分で褒めることにしています…せつない(^^;;)

版画メインで仕事すると非常に肩がこるので合間にヨーガ。それでも追いつかないほど酷使すると鍼灸して、、なんとかバランスを保っております。結局自分のメンテナンスの為に資格取得したんかぃ…なんて。
相変わらずの自転車操業ですが、仕事があるのはありがたいことです。

ちなみに写真の版画は、ウィスキー文化研究所さまで取り扱っていただいており購入可能です。昨今のウィスキーブーム拡がってます。国内の主要蒸留所は現在38ヶ所!!まだ増えそうです。国内の蒸留所の絵も描きたいなぁ☆
http://scotchclub-shop.org/sm/sm_category_list.php?cate_id=4


by tomoko

5.03.2018

ガーデンパーティ

丹波モノコロという、手仕事している仲間の一人で、私の英語の先生でもあるHさんがご結婚されました♪
彼女は丹波市の本上田邸という広いお屋敷の管理人として一人で住んでいるのですが、蚕を卵から孵化させて育て、繭をとり、糸にして機織りし、草木染めまで一人でこなすスゴイ方です。
ご主人様もこれまた機織りの機材を木製で全て手作業しているスゴイ方なんですが、二人が出会ってめでたくご結婚☆
今日の披露パーティは、いま管理している御宅の庭で、すごくいい雰囲気でした。庭には御神木でもあるクスの木があって居心地よくて広〜い。
全員が一品持ち寄りパーティだったんだけど、これまたすごくて、食べきれないほど。
自家製の野菜で作ったサラダや自家製パンだけでなく、自分ところのヤギからとれた乳から作ったチーズとか、地元の焼豚とか、ウェディングケーキも手作り等などとにかくすごかったです。私はカラフル野菜のゼリー寄せテリーヌと、お取り寄せしたベッカライ・コンディトライヒダカさんのブレッツェルを持参しました。
すべてが手作りで、パーティって本来こういうものだよね…ということをしみじみ感じた一日でした。
(´-`).。oO(たのしかったなぁ)
末永くお幸せに!!

by tomoko

4.29.2018

ONE LOVE

週末に丹波へ戻ってきました。

一昨日は、母の付き添いで病院にいましたので(命に関わる病気ではありません)、偶然にもオンタイムで南北首脳会談のテレビ中継を見ました。あの和やかなムードがずっと続きますように…。

2000年に行われた南北首脳会談の時はかなり感動して、勢いで思わず版画なんか作っちゃったんだけど(どれだけ暇だったんだ〜ワタシ!)、仲良しムードは長く続かなくてガッカリしましたが…今回は末永く平和が続くように祈りたい。。

仲良きことは美しきかな(by 武者小路実篤)
BGMはボブマーリーのOne Loveで。


by tomoko

4.26.2018

トウキョウ2018.4

今月は最終週に東京行き。
関空ー成田で片道¥3470。
気温だけでなく…人が多いと暑いですね。。
人が多いとマスクすることにしてるのですがさらに暑すぎ…(^^;;

関空行きの車窓から巻雲の彩雲(さいうん)が見れました。彩雲は瑞雲(ずいうん)とも言われてて光の具合で色とりどりに見える、縁起がいい(とされる)雲です。気をつけて空を見てると結構遭遇します。
なにかいいことあるかな…(笑)
本当は生きてるだけでまるもうけ、なんだけどね。

by tomoko

4.25.2018

習慣化

瞑想修行から4日ほど過ぎましたが、興奮さめやらず…実際には興奮じゃなくて落ち着きのような気分ですけどね。
実はまだ朝4時起きで4時半から瞑想するスタイルは続いています。1時間だけの瞑想ですが。

今回のこともあり、ヒトは10日間あれば習慣化できるような気がします…。
まぁいつまで続くかわかりません(^^;;
とりあえず気がすむまで…

瞑想が深まると睡眠時間が減るとも言われてますが、それは言えるかも。もう少し検証してみます。

by tomoko

身体性(とインド思想)

「ニンゲンが身体性から解放される日」というタイトルでしゃべった、丹波未来フェス(2018年1月開催)の5分プレゼン。しゃべってる本人にしかわからないレベルに超グダグダですが、自分的には人工知能と身体性とインド思想のことを話してます(笑)。タイトルとサムネイルの「ジブンがどうのこうの」は間違い(2018.4.25時点)。修正予定。
AIにおける身体性の問題は、ニンゲンは目に見え、手で触れるもの(身体を用いて知覚したり、意味を更新出来る事象)に与えたプリミティブないくつかの名前(意味、価値)をベースに世界を言葉で規定してきたので身体を持たないコンピューターにはニンゲン的世界の規定にもとづく働きが出来なかったのが、ニンゲンの矛盾に満ちたロジックをロジックとして教えることをやめて単なる世界認識におけるバイアスとして入力する、その方法として人類がプライドを賭けて構築してきた魑魅魍魎の知識と経験の体系を、盛らずにビッグデータとして食わせる、ということをちょっと前に決心したんですが、それを可能にする方法論であるディープラーニングに耐えるスペックのコンピュータが最近実現したことでAIがニンゲンの代替物として振る舞うことが限りなく可能になりつつあるけれども、そのバイアスの原因に一発で通じる名前をつけるなら"身体性"だよね、ということなのですが、その意味での"身体性"、つまりニンゲンの世界認識におけるバイアスの根源は身体構造の物理的な制約にあるのではなく、"ニンゲンは死ぬ"、"ニンゲンは死にたくない"の2点ではないか、死なないAIは、死なないがゆえに、あるいは自己の消滅を恐れないがゆえに、根本的にニンゲンと相容れない挙動をする、アルファ碁は火事になっても燃え尽きるまで碁を打ち続けるし、ロボットは隣の部屋にある爆弾の載せた台車を持ってくるし .. というお話でした。グダグダでしたが、話した後に最近AIに興味持ってる橘川幸夫さんとか話しかけてくれました。
このロジックはもちろんヨガ=インド思想から横すべりしてくるもので、ヨガ=インド思想では、世界認識におけるバイアスが身体性に起因することを認め、身体性の根拠としての自我、あるいは自我の根拠としての身体性を無化することで(どうせ無化するのでどっちでもいい)、根源的な知を得る(かもしれない)ことをゴールに設定していて、そのロジックを受け入れる素地作りのために輪廻を設定してるのかな、というような。

ghostwriter

4.21.2018

帰ってきました

10日間の瞑想修行から本日帰ってきました!
連絡取れないことをお伝えできていない方も多く、申し訳ありませんでした!!
10日振りに携帯を手に取ると、私にしたらあり得ないほどメッセージが溜まっている〜三桁いったのは初めて(笑)



さて。10日前と比べて季節が移り変わっていることにびっくりしました。浦島太郎状態です。
参加初日には桜が散りつつあったのを道中楽しみましたが、帰りには水田に水が張られて山の木々の新芽が眩しく、日当たりの良いところはレンゲ草が咲きほこっていました。もう初夏?

瞑想道場では山桜が最終日にようやくはらはらと散りつつあり、何日も咲き続けたことに感激しました。山間の電波も届かないような美しく居心地のいいところにそれはあって、敷地内の庭は程よく手入れされ、野鳥も多く、どれだけ癒されたかわかりません。
ちょうどよい季節だったのでやさしい春の光に照らされた小川も木々も美しく、野鳥の鳴き声しか聞こえないような恵まれた環境でした。
いやー楽しかったです。

さて、修行はと言いますと。。
簡単ではありませんが、とてもよい経験になりました。
連続ではないにしても毎日時間にして約12時間座り続けることははっきり言って過酷です。挫折しそうになった人も結構いらっしゃったようです。
10日間、電子機器も使えないどころか他の参加者と話をすることもできませんので一切のコミュニケーションをとれません。でもこれが意外と心地良かったのです。人に話しかけられない安心感は悪いものではなく、コミュニケーションはよいことも多いのですが、意外と無意識に緊張を生んでいることを知りました。
誰とも話せないと自分と対話することができます。自分の内側の気づきがハンパありません。
言葉やコミュニケーションのエネルギーがどれだけ強く、お互いに影響しあっていることか。。
繰り返しになりますが…生まれてこのかた10日間ひと言も喋らなかったことなとかつてないのでいろんな気づきがあるんですよ、本当に。

心には日々刻々と刻まれた印象が残っていて、特によい印象と悪い印象がそれぞれ「執着」と「嫌悪」というカタチで残っていることが多いのですが、それにただ気づく(正しく向き合う)ことによって薄まっていってついには消えていくのです。
印象が深いほど何度も何度も出てきますし、まるで皮を一枚ずつ剥がすように表層の印象から気付かないレベルのことまで出てきます。意識レベルのものだけでなく無意識レベルのことまで解消するってものすごいことです。

実は、私がインドで半年かけて学び、気付いたことがほんの10日間で簡潔にしかも実践的に確立されている気がしました。
ブッダの教えに基づいている瞑想法ですが宗教団体でもないのでどんな宗派や宗教の方でも参加できますし、善意のみで成り立っているので参加費も寄付という感じです。食事を作ってくれる方々も指導者もボランティアで成り立っています。すごいことです!
ただ、もしこのような隔離された環境で、ほんの少しでも悪意のある団体だったとしたら個人に与える影響はものすごいので危険もはらんでいると思いますが、、、実際に参加してみてこれは素晴らしいと思えました。善意しか感じません。もしも機会があれば是非参加することをお勧めします。一生の宝に成りうると思います。(合掌)by tomoko

日本ヴィパッサナー協会






4.10.2018

師の言葉・瞑想

期待は欲求不満をもたらす。
何も期待することはやめ、自分のまわりに起こった事柄をすべてあるがままに受け入れ
それを最大限に利用してください。
そうすればいかなることにも失望することがなくなります。
いままで決して与えられなかったことを心の中に思い浮かべても、それが思う通りに実現しないのは、
あなたが心の中で、それを理想化しているからです。
私たちの人生行路に、光を与えて私たちを導いてくれる「より高い力」に全幅の信頼を置くことです。それを完全に信じて、自分が今正しい道(ヨーガ)を歩んでいることを自覚してください。いったんその道を歩み始めれば、二度と逆戻りすることはないのです。
何事もすべて起こるべくして起こるのです。
人はすべて支配してくれる大きな力の存在を強く感じ、その力に対して感謝するのです。
知ろうとして知るのではなく、ひとりでにその存在を知るのです。
そのとき人は自分の人生がその力によって導かれ正しい方向に進んでいる事を感じ取るのです。

(否定的なエネルギーは出してはいけない。ブラーメンのように戻ってくる。マイナスエネルギーには扉を開くな。
リラックスして、客観的に物事をみること。)

プレム・ヨーギ








私は今日から10日間ヴィパッサナー瞑想修行をします。
その間、電子機器を一切触れず、人と話さず、人に触れず、4時から起きてひたすら瞑想するのですが、
このインド系の瞑想修行は宗教団体ではなく非営利団体による純粋な道場なのです。
あらゆる宗教の人も参加できますが、自分の信じている神サマや自分の日頃実践している瞑想法などもしてはいけませんし、ヨーガもしてはいけないことになっています。10日間もヨーガをしなかったことがないので、どんな気持ちになるのかも楽しみです。
そんなわけで、行ってきます〜(^-^)/
by tomoko

4.07.2018

なかなか

なかなか版画仕事が進みません。頼まれているのが3つ。されど3つ…頼んでくださっている方、延び延びになっててすみません。。
仕事はヨーガメインですが鍼灸の方も最近よくあって、もっと仕事が早くできるようになりたいなぁ。。秋に向けて自分の作品も作らなくっちゃ。

と、いいながら…4/10〜21の間、瞑想修行にいくので携帯もPCメールチェックもできません。
どうぞ御了承くださいませ…m(_ _)m

by tomoko

4.02.2018

丹波もようやく満開です。
里山の桜はなんとものどかでいい感じ。
最近予定立ててお花見とかしなくなったなぁ…。

by tomoko

3.28.2018

農場と酒蔵

またずいぶんと日があいてしまいました!
早くも桜がほころび始め…でも朝晩はまだ少しストーブつけてます。
日中は家の中より外のほうが暖かいです。

この10日間、友人が泊まりで遊びに来てくれたり、出張で六甲行ったり、治療は割と毎日予約いただいて、ヨガの合間に版画の納品したり…何だか有難いことです。。
年度末で月末、もうすぐ4月ですね。

写真は丹波・婦木農場の生みたてたまご。宿泊すると食べられます♪友人が来た時に泊まりました。
野菜たっぷり最高ご飯が二食もついてます。(大きな一棟貸しなのに、一人値段が7500円)。米や味噌や醤油はもちろん、チーズも手作り!食べきれなくてタッパー持参すればよかったとつくづく思いました!結局ラップをもらって全部持ち帰りましたが。。美味しかったぁ。
いまのオーナーさんは記録があるものだけで農家一筋10代目!有機農業。家族みんなで楽しく農業を営んでる姿が本当に素晴らしいです。ご興味あれば野菜とかお餅、お米などぜひ取り寄せてみてね(*^o^*)

そして、丹波が誇る酒蔵の一つ西山酒造さん。
日本酒も美味いけど、ここの栗焼酎が好き。
あと、ここの酒粕はみずみずしくて絶対オススメ!一年中買えるみたい…よかった!
このところ甘酒じゃなくて、ここの酒粕がマイブーム中…ネットでも買えます(笑)

丹波いいところだわぁ…しみじみ。昔から天下の台所だしね。
食生活と犯罪率は関係あると聞いたことあるな…マトモな食事が多い丹波は平和です。
by tomoko