9.19.2018

あき

過ごしやすくなりました。新米が美味しい季節です。
今夏は本当に暑かった…でもちゃんと涼しくなってよかった。そういえば真夏の暑い最中に岩盤浴ヨーガへお越しくださった方々、ありがとうございます。外気温が35度くらいで岩盤浴室温47度。なぜ満員御礼だったのか…(笑)?
そしてあっという間に寒くなってしまうのかな。短い秋を楽しまないと。
秋は実りが多くて丹波にとって一番いい季節。


実家のハナちゃん(猫)が何となくジョバンニに似てる気がする…

by tomoko

9.15.2018

こんかつ

こんかつ(昆活)してきました!
前から気になっていた国立科学博物館の昆虫展へ。大人もコドモも楽しめるように計算・工夫された展示で色んな意味で勉強になりました。個人的には標本のコレクション部屋が感動しました。コレクターの情熱というか熱意がすごい。

ウチにはTVがないのでNHKのEテレの番組は全く知らなかったのですが、その昆虫番組のせいか世の中こんなに虫が流行っていたとは…。

先月から引き続き、小品サイズの虫の絵を20点くらい制作中。インド滞在中にスケッチした虫の絵をモチーフにしています。自分としては気に入ってるんだけど……虫の絵って描いてもほとんど売れないんだよね〜(笑)
まぁ、それでも楽しく制作しています。
秋のグループ展(丹波)参加と12月いきもにあ展(神戸)に出品予定☆

by tomoko

9.13.2018

ちょうじゅうもう

死ぬ前に食べたいもの。以前もブログに書いたかもしれませんが…

K氏→タイカレー

私→生いちじく

なぜかはわかりません。なんとなく。 

それを知ってか先日、生徒さまから沢山いちじくをいただきました。多謝!好きなことはどんどん発表することにしよう…(笑)

もりもり食べられる幸せ。買うと高いんですよね…(´-`).。oO(子供の頃は庶民の味方果物で安かったのになぁ。そもそも各庭にたわわに実っててもらうものだったよな。)

で、食べながら前々から抱いている想いがふつふつと浮かぶ。

いちじくって腸絨毛(ちょうじゅうもう)に似てるなぁ…と。解剖生理学を学んだらもちろんですが、中学校の教科書にも出てきたはず。人体の小腸を構成しているヒダのことです。このヒダから栄養素を体内に取り込んでいます。

私の勝手な個人的見解によると、、野菜や果物は作用する部分のカタチに似ているとおもう。

豆類は腎臓にいいとか、  ワカメは髪にいいとか、卵類は細胞の核に良さそうだし、桃は美尻にいいのかもしれない(笑)。んでイチジク、一般的には腸にいいとか便秘にいいとか言われています。やっぱり腸なんだな。私的にはきっと消化器官に作用すると思うんだな。。


wikiより引用。

"腸絨毛(ちょうじゅうもう、英Intestinal villus)とは、 小腸内壁の輪状ひだに存在する突起のこと。 俗に柔毛(じゅうもう)、柔突起(じゅうとっき)とも呼ばれる ..."

"絨毛の表面には更に小さな突起が無数に存在しており、これを微絨毛と言う。栄養吸収の効率を良くするため、小腸の表面積を増やす仕組み。大人一人あたり数百万〜数千万存在すると言われる。

表面積を概算すると、平均的な体型の成人男性の場合でテニスコート一面とほぼ同じ面積になる。"

by tomoko


9.06.2018

ユートピア

先週、K氏も無事にヴィパッサナー瞑想道場から帰ってきました(想像以上にスッキリしてた)。
それと入れ違いに私は二泊三日でとあるところへ行き、ある方に会ってきました。詳細はまだ言えませんが、またしてもすごい体験をしてしまいました。ひとことで言うならまさにユートピア。。
私は自分の直感を頼りに生きていますが、よく考え振り返ってみるといろんな方の導きや助けが多く、生かされてるなぁ~有難いなぁ…とつくづく感じます。感謝感謝。

今回体験したことの学びは、この世界のあらゆる全ての事柄においてなるべく思い込みや偏見のないようにしているつもりだったのが、ものの見事にあっさりと覆されました。まだまだまだまだ修行が足りないな、と思った次第(笑)
これからも楽しく修行しようっと。。
(今はまだ抽象的なことしか言えなくて申し訳ありません。)

それから、台風や大雨、地震などあちこちでいろんなことが起きていますが、落ち着いて、自分にできることのベストを尽くそうと思います。
被災された方々の一刻も早い安息と復旧を心より御祈り致しております。。

by tomoko